OMソーラーとは | しくみ | 小さくても大きく住める | 暖房しながら、換気も
OMクワトロソーラー | OMスマートネット | テレビCM
日本の住宅における個室分離型化の歴史はまだ浅く、わずか30年〜40年しかたっていません。室内を小さく部屋に間仕切り、ストーブなどで局所暖房する温熱環境づくりは、住宅内の温度差、結露やカビの問題、身体への負担、結露による住宅の短命化などを生む要因となりました。

OMソーラーによる暖房方は、伸びやかで広がりをもつ、一体感ある空間や吹き抜けをつくることを可能にしています。熱と空気をデザインすることで、プランニングも劇的に変えることができるのです。
小さな部屋を廊下でつないでいるプランを、ぶどうの形に例えて「ぶどうの平面」と呼んでいます。部屋どうしのつながりがスムーズではありません。
部屋の集まりではなく、ひとつの大きな空間をベースにしているプランは「りんごの平面」と呼んでいます。
OMソーラーは、りんごの平面をより心地いい環境で実現します。
有限会社 東村住建 Copyright (C)東村住建 ALL RIGHTS RESERVED