森の木々は成長するとき、光合成を繰り返す。二酸化炭素を吸収し、姿を変えて幹に蓄え、空気中には酸素をたくさん放出する。それは、樹木が大きくなり、伐採され、木材になるまで休みなく続く。
さらに、自然のチカラで育つ木材は、鋼材やアルミニウムと比べて、
はるかに省エネルギー。 だから、とても地球にやさしい。

樹木は木材になってからも、二酸化炭素をしっかり その中に封印する、缶詰のように。もちろん、木の家になってからもずっと。結果、地球温暖化防止の役に立つ。
木は使えば使うほど、地球にやさしい。
もっと使って、もっと育てる、それが今私たちにできること。 地球のために・・・。遙か遠くのための資源を、ゆっくり守っていくために・・・。


資源は永遠ではありません。感謝の気持ちを持ちながら、有効に使う事を大切にしています。
有限会社 東村住建 Copyright (C)東村住建 ALL RIGHTS RESERVED