OMソーラーとは | しくみ | 小さくても大きく住める | 暖房しながら、換気も
OMクワトロソーラー | OMスマートネット | テレビCM
OMソーラーは、「太陽の熱」と「空気」を使って家を温めたり、お湯をつくったりします。
原理はとてもシンプルですが、建物自体をしくみとして利用するため暖房器具のようにポンととりつけることは出来ません。
太陽熱を上手に使うために、設計段階から考えていきます。
冬は、屋根に降り注ぐ太陽の熱で空気を温め、それを床下に送り、基礎コンクリートに熱を蓄えます。蓄えた熱は、夕方以降ゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。
また、OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に取り込んでいます。暖房しながら換気ができるという点も、冬の働きの大きな特徴です。
軒先から新鮮な外気を入れ、それを屋根に降り注ぐ太陽の熱で温めて床下へ送ります。
床下へ送られた空気は、基礎のコンクリートを温めながら、室内へ微風となって出てきます。夕方になると、熱を蓄えたコンクリートが外気温の低下とともに少しずつ放熱をはじめ、建物全体を床から温めます。
夏のOMソーラーは、屋根の熱をお湯採りに利用し、余った熱を屋外へ排出します。

春から秋にかけて、太陽の熱を利用して「お湯採り」ができます。

「お湯採り」とは、熱い空気がハンドリングボックス内のお湯採りコイルの中を循環する不凍液を温め、温まった不凍液を貯湯槽へ循環させて水を温めるしくみです。

お湯採りに使って余った熱は、排気ダクトを通り、排気口から外へ出します。屋根面の下を強制排気すると、排熱された量に比例して、室内に入りこむ日射熱を減らすことができます。

お湯採りは、地域によって差がありますが、春から秋にかけて30〜50℃のお湯が1日約300リットルとれます。お風呂やシャワーに太陽の熱が使えて経済的です
有限会社 東村住建 Copyright (C)東村住建 ALL RIGHTS RESERVED