基礎の構造 | 床の構造 | 壁の構造 | 屋根の構造
主に、ガルバニウム鋼板を使用しています。
ガルバリウム鋼板の屋根は、耐久性、デザイン性、軽量であることが特徴です。 瓦屋根では重量があり、地震などの災害時に大きな不安をもたらしていましたが、瓦の代替としてガルバリウム 鋼板の屋根材を使用することで屋根が軽くなった分、地震の際の倒壊の危険性が少なくなります。

鉄板の表面を亜鉛とアルミの合金で覆うことで、鉄板部分が腐食したり錆びたりすることを防いでます。

ガルバリウム鋼板は、トタン板よりも高い耐久性があります。 アルミの保護する性能が高いので、亜鉛の溶け出しを防ぎつつ、長期間の耐久性を持続します。
屋根の寿命は、屋根の仕上げ材だけでなくルーフィング材の状態によって大きく左右されます。当社が使用するルーフィング材は、壁の構造でもでてきたデュポン社のルーフィング材、タイベックルーフライナーを標準施工しています。ルーフィング材の常識を変える優れた性能により、屋根の長寿命化に貢献するとともに、快適な居住空間をつくります。

透湿性に優れたデュポン社タイベックを基材としているため、野地板の湿気を素早く屋外に透過・放出し、野地板の腐敗・変形を防ぎます。また、熱に対する優れた耐久性能をもっています。
詳しくはデュポンホームページへ
日本は世界でも有数の地震・台風の多い国、その上高温多湿です。
この厳しい環境の中で、私たちの先祖が住まいに選んだ素材は木でした。
身体にやさしく、湿気を調節し、人と同じように呼吸をし続ける木。
合板はそんな木の持つ特性をすべて備え、さらに技術によって木材以上の優れた性能を活かして住宅専用に作られたものが構造用合板です。
構造用合板の長所を活かし、屋根、壁、床の下張りに使うと建物全体が強固なものとなり、地震・台風などの外力に強い構造となり耐久性、耐震性は抜群です。

この構造用合板を野地板として屋根全面に張ると、筋かいの効果とともに屋根が一体化され、より強固なものとなります。

野地板は千鳥にはっていきます。(互い違いに張るという意味。下写真参照) 合板などの板やパネルは千鳥に張るのが基本です。
屋根面での水平剛性が高くなります。

千鳥に張らず、平行に連続して張る張り方を芋張りと言います。芋張りで張ると、端の板を切り落とす必要がなく歩留まりが上がりますが、全体としての強度が落ちてしまいます。
又、野地板の継ぎ目による屋根材の固定、釘・ビスのぬけを防ぎます。
有限会社 東村住建 Copyright (C)東村住建 ALL RIGHTS RESERVED