基礎の構造 | 床の構造 | 壁の構造 | 屋根の構造
床の構造は、肌触りのよい杉の無垢の床板15mmを使用し、 その下地に、28mmの構造用合板をつかった剛床工法(根太レス工法)を基本としています。
剛床工法とは、根太を設けず床の下地の厚みを厚くする床組みで、根太工法に比べ地震や台風時に発生する水平力に対して耐力が高いのが利点です。
有限会社 東村住建 Copyright (C)東村住建 ALL RIGHTS RESERVED